経営の鍵/営業

失敗が起きないようにする/営業

営業 支援 seo チラシ<失敗が起きないようにする

後でわかりやすいストーリーを書きます。

↓さまざまな参考資料

何か新しいことをアプローチされたとき
やめる作話をする。
もっと堅実な方法を選ぼう
もう少し情報を得てから
もう少し勉強してから

そこのは恐怖がある。
・・失敗への恐怖

人は失敗への恐怖がある。
・・むだなことしたくないなあ

自らの意見を小さいときから学校の先生や親に否定された。

失敗すると、
怒られるんじゃないか
嫌われるんじゃないか

心に傷があり思い出す。

終わっているのに
罪を償っているのに

思い出すと
エネルギーがあっても勝てない。

ビジネスで独立するとき
ほかの仕事に変わるとき
難破をするとき
・・怖い

のりこえられる

明かりをつければいい

子どものころ
 お化け怖い、暗闇怖い
押入れのお化けがなぜ怖いのか
・・明かりをつけないから

無知だから怖い

明かりをつけるには、恐怖を紙に書き出す。
イメージする。
新しい仕事の最悪のシュミレーション(鮮明に)
失敗する。借金が残る。家族からも嫌われる。

でももっと怖いのは、あなたが動かないこと

何もしないときの最悪のシュミレーション
会社の倒産、リストラ、転勤、

この2つのどちらがいいか考える。
*失敗の恐怖を取り除ける。
 コレで選ばなかったという失敗がなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
成功への恐怖
成功したいですか?成功したいです
お金ほしいですか?お金ほしいです

なぜかお金はいらない。

お金と聞いて!お金好き
家買える。車買える。旅行いける
でも
 悪いイメージがある。ネガティブ
お金持ちは、なにか悪いことしたからだ
幼児期のときに作られたネガティブなイメージ

すごく優秀な脳は、考えたことを引き寄せる。

ほしいほしいと言っていながら、ほしくないと思っている。
お金をもてない行動をしてしまっている。

コントロールする
ステップ1
あなたが持っているお金のネガティブなイメージを書き出す。
借金して倒産するんじゃないか
お金持ちは悪いことしている
借金したくない
家賃払わなくっちゃ
子どもに給食費
ボーナスが減るかも
リストラあるかも

反対語
思考現実化
*思うこと!成功したい。貯金したい

借金⇒借金しちゃう 借金したくない⇒借金しちゃう
not理解できない

借金 失敗 まける
 無意識に人にも自分にもポジティブづける言葉に変える
 借金で家族ばらばら、お金ためて家族幸せにしたい。
 ビジネス成功させて豪邸に住みたい。

習慣づける。くせにする。・・練習
気をつける。紙に書いてポジティブな言葉だけ使う

子どもは、とろばんときや(ころぶなよ)ころぶ
     きをつけろよ・・ころばない

いい言葉だけ使う
わるくなっちゃだめよ!・・わるくなっちゃう
喜ぶことしなさい・・わるくならない

・・・・・・・・・・
人が作った問題で、人が解決できないことはない!
:借金が100億あっても成功の途中だ!!これがいい。
小さいときに両親がお金のことでけんかをしていた。